Garage Life

DIY単管ガレージ建築:基本的な設計

0

今回単管ガレージを建築するにあたり、まずは最初にサイズを決定し、それに合わせた材料が簡単に手に入るかの検討を行いました。

サイズに関しては、お隣の敷地にイナバのシャコリーナ2台用が建っておりまして、基本的にこのサイズをコピーする形で決定しました。具体的には幅6m x 奥行6m、高さは最低190cmを目標にし、それに合わせた材料の入手を検討します。経験上、中でセドグロクラスのフルサイズの国産車をいじろうと思うとこれぐらいのサイズが無いとジャッキアップやエンジン下ろしなどは厳しいです。ワンボックスやアメ車を触るなら本当はもっと高さと奥行きは欲しいですね。

実際に準備に入ってみて直面した最初の問題は、適切なサイズの材料の調達と運搬がかなり大変!ということでした。まず、メインの骨格になる単管パイプですが、これがほとんどのホームセンターで5mまでの物しか置いていません。何軒か大きいところを回りようやく6mの物を発見、しかしこれがまた運ぶのは軽トラでは完全に無理。私はラッキーなことに友人からセフティローダー(長尺運搬の超裏技・・)を借りれたので、それとホームセンターの無料レンタカーの2tロングを使い運び込みました。色々と調べてみると、どうも規格としてはこの6mが最長サイズらしく、これ以上の物は容易には手に入らないようです。途中にジョイントを入れて延長しない限り、単管建築の梁などの最長の長さは6mということになりますね。

運び込んだらまずはイメージトレーニングも兼ねてサクサクと鳥小屋よろしく骨格を仮に組んでみます。ここで再び気付く現実・・奥行6mと言いつつ、もちろん屋根の勾配を取らないといけないのでその分さらに奥行は少しだけ短くなります・・こんなのちゃんと図面を書いてりゃ当たり前なんですが、行き当たりばったりでやってるんで後から気付いたりします(笑)なお、屋根勾配は理想的には1.5/10(1m進むと15cm下がる)ぐらいは設けた方がいいです。特に屋根を波板で葺く場合は、途中で重ねて2枚3枚と貼ることになりますが、勾配が緩いとここから雨水が逆流したり、水が継ぎ目にたまって錆の原因になります。しかも波板はそんなに強くないので少したわんだりして、下手したら屋根に水がたまっちゃいます。私は限られた長さの単管から奥行きを取ることを優先で、実際にはこの仮組の時よりも勾配を緩くしてギリギリまで奥行きを伸ばしたのですが、これに後で気付いて正直失敗だったと思っています。できれば少しキツめの勾配を設けた方がいいと思います。

ジョイントは、90度の部分は直交ジョイントを。筋交いや屋根との取り合いなど斜めにしないといけない部分のみ、自在ジョイントを使いました。きちんと応力分散したラーメン構造などを設計できる人は自在ジョイントだけで組んだ方が強度と揺れへの粘りが保てるかもしれないのですが、私はとにかく適当な設計なので、直角なとこはジョイントの強度も信じることに。

単管とクランプ以外に購入したのはこんな道具たち。高速カッターと足場用レンチ。さらに上に登って作業をするときのためのベルトやホルスターなど。

さて、組み上がってみると意外とサイズはゆとりがあります。とりあえず軽自動車なら3台入っちゃいますね。基本的な形はこれで決まりです。

なおこの時点で、外壁や屋根をどうするかは実はあまり深く考えていませんでした。というのも、実際に骨格が組み上がるとあちこちクランプが出っ張ったり、梁の単管も上に通すか下に通すか一つでかなりサイズは変わってしまうため、もう行き当たりばったりで行こうと(爆)

DIY単管ガレージ建築:はじめに

2

 

 

当ブログを訪れてくださる皆さんの検索キーワードの統計を見ると、

 

「単管ガレージ」

 

というキーワードで検索されてたどり着いているケースが多いようです。

 

過去建築途中に五月雨式に記事を書いてきたのですが、せっかくなので記憶がなくなる前に、その建築方法や材料などについてまとめて記事にしてみようと思います。どれぐらい皆さんの参考になるかは分かりませんが、ホームセンターで売っている材料と自分の力だけで2台分のガレージを一棟建てる方法を紹介した本はたぶん本屋さんでは売ってないと思いますので(笑)

 

本日は第一回、建築プランについてご紹介します。

 

私がガレージを建てるにあたり、最低条件としたのは以下の通りです。

 

出来る限り自分独りでできること

手伝ってくれる友人や家族は心強いものですが、休日だけでコツコツと作業をしようと思うと、他の人と予定を調整したりするのは意外と難しいものです。

 

ホームセンターで売っている材料だけで作れること

自宅から離れた場所での作業になるため、大きな材料を配達で受け入れたりするのもまた大変です。出来る限りホームセンターで売っている材料、かつ自分で軽トラを借りて買い出しに行ける範囲内で工夫することにしました。

 

特殊な技術が必要ないこと

あくまで、日曜大工の範囲内で。特殊な技術や道具が必要な作業はできるかぎり排除しました。

 

お金が掛からないこと

このガレージに取りかかる前に、一度市販のガレージの見積もりを取ったことがあります。だいたい全部込みで80万円ぐらい(当時)あれば、イナバの2台用のガレージが建ちそうだったので、それよりは安くあげることを目標に。

 

そんなわけで、立てた計画は以下の通りです。

  • 基礎はブロック
  • 構造は単管を使う
  • 屋根と壁面はトタン波板
  • 土間は生コン打ち
  • 高価なシャッターは諦めて引き戸にする

 

基本的に掘っ建て小屋の様相なわけですが、無理せず自分でできる範囲内で検討を重ねて着手しました。正直この構想と、ホームセンターの下見だけでも1年ぐらい掛けたので、急いでいる人にはこういうのって向かないですね・・。

 

次回は具体的な設計と段取りについて書いてみたいと思います。

 

 

個人輸入のススメ2

0

OERとかTWMとかスロットルボディは色々ありますけど、今さら感ただようウェーバー互換ピッチにこの最先端テクノロジー!!

こういうのをサクッと個人輸入するのが、ほんとにかしこい方法なんだろうなぁ・・今の相場だと。

円高につき個人輸入のススメ

1

円高ですねぇ・・今日少し持ち直したみたいですがそれでも$1が80円を切ってるって凄いです。こんな時は気軽にアメリカからサクサク個人輸入してその恩恵に被るのがマニアとしては宜しいのではないでしょうか。

 

 

以前マロリーのデスビやらアメリカもんの点火系をL6に使っていたことがあり、それについてたまに聞かれたりするのでリンクしときますね。一応私も在庫持ってるんですが、まぁ私からボッタくり価格で買うよりさっくり今の円高プライスで個人輸入した方がいいんじゃないかとw

 

マロリーユニライトL6用(バキューム進角モデル)

マロリーのユニライトは電子ピックアップを内蔵したデスビです。純正のポイント式からこれに替え、さらにMSDなどのCDIと組み合わせることで完全ポイントレスのCDI点火になります。最近は中古のフルトラデスビも手に入りにくいので、この際こういう社外品にサクッと替えるのもありだと思います。なおマロリーにはメカニカル進角のみの物もあるのですが、私は燃費とパーシャル時のギクシャクの無いバキューム付きをおすすめします(これが一番良く聞かれる点・・レース用じゃなきゃやっぱバキュームはあった方がいいです)

 

 

MSD 6A イグニッション

おなじみのいわゆるCDIです。マロリーとは簡単に接続できますし安いので超オススメです。ただ、この最も普及している廉価版の6Aはたまに突然息絶えます・・でも7とかDIGITAL6などの上級モデルにしたら信頼性が上がるのかっていうと良く分からんので、壊れたら買い替えるつもりでw

 

MSDブラスター2コイル

「どのコイル選んだらいいのか?」「レジスター(外部抵抗器)はいる?」というのも非常に良く聞かれる質問です。ぶっちゃけ適当なコイルでも動くのですが、MSDの6A推奨はブラスター2、ブラスターSS、HEI、HVCあたりです。見た目で旧車にはブラスター2しか無いような気もするんですが、これまた円筒コイルはたまに突然死したり、叩くと生き返ったりと微妙なところもあるので、使い捨てがイヤだったらエポキシで固めてあるHVCなどが良いかもしれません。6AなどのMSDイグニッションと使う時はレジスタは要りません。なお私はボッシュの青コイルを使ってましたw

 

ちなみにお気づきの通り、リンク先は米Amazonです!個人輸入というと色々手間が面倒だったり、どうやって注文していいか分からない、会員登録が大変・・という方も多いと思うのですが、米Amazonは日本とほとんど同じインターフェースなので簡単に注文できると思いますので、ぜひお試しあれ。

 

ホント便利な世の中になったもんだ。本屋でデスビ買えるんだもん(核爆)

 

 

ガレージ土間コン

0

自分で建てたガレージの土間コンがちょっとデコボコしてて気になります。
やり方もよくわからないままに素人仕事でミキサー車を呼んでやっつけてしまった作業ですが、もう一度やり直したい気分・・。
YouTubeにプロの仕事の映像がありました。
さすが・・・(ゴクリ

Go to Top