さて、前回に引き続きmini修理日記です・・
なんとかピラー部が形になったので、新品のフェンダーを取り付けることにします。
miniのフェンダーと言うのは、なんでこうなってるのか全く持って謎ですが溶接取り付けになっています。これをスポット溶接機無しで素人が取り付けるのには相当な無理がありますが、無いもんはしょうがないので半自動MIGで気合いの溶接取り付け。まずは新品フェンダーの耳にドリルで4.5mmの穴を開け、耳の裏側となる部分にはたっぷりとスポットシーラーを吹きます。
20090720_01.jpg
いきなり作業工程の写真無しですいません(一人でやってるもんで・・)
溶接完了です。コツとしては、まず穴の空いていない下になる板を溶かし始めて、そのまま勢いで穴の周りにバチバチっと溶着する感じで・・・。しかしなかなかうまくいかず、半分ぐらいの穴はやり直しました。
20090720_03.jpg
溶接後がバッチィのは後で削り飛ばして修正するとして、チリ合わせ的にはまあ及第点かなと・・。かなり熱を加えるので下手したらグニャグニャに位置がズレそうでしたが、なんとか形にすることができました。ただし、フロント側はヘッドライト穴やタイヤアーチから手を突っ込んでの超アクロバチック溶接のためかなり不安な結果に・・・
20090720_02.jpg
あとは溶接部の修正仕上げと、塗装です。ちょっと熱でひずんだところがあるので、その辺はパテで修正予定。

Related posts:

  1. mini修理日記 Vol.1
  2. mini修理日記 Vol.2
  3. mini修理日記 Vol.3
  4. mini修理日記 Vol.4
  5. mini修理日記 Vol.7