とにかくminiという車はあちこちがやりにくい構造になってます。フェンダーやらなんやら、外装パーツはぜんぶプラモデルのようなパネルを溶接で組み立ててあり、交換してハイ終了とはいかないのが難しいところ。ヘッドライトハウジングなんてリベットで留ってるという始末。
最近の車だとスポットはスポットカッター(ホールソーのような構造で丸く切り抜くことができるドリル)で一枚目を抜けば簡単に外れます。しかしminiのスポット溶接は、どうも手作業で溶接しているようでナゲットの大きさがまちまち、これまた簡単には外れてくれません。とりあえずざっくりフェンダーを切り取っちゃいました。
20090504_1.jpg
あとは残った耳の溶接をスポットカッターで当たったあと、端からボディタガネを入れて叩き切って外します。あぁ・・しんどい・・・。どうもPBとかKTCからスポット外し専用の素晴らしいタガネが出ているようなんですが、私はホームセンターで買った安物ボディタガネで挑戦。ハンマーで自分の手を叩いていることの方が多かったような・・トホホ。ちなみに、ボディタガネっていうのは普通のチゼルと違い、横向きにも刃がついており、峰をハンマーで叩いて進む事ができるようになっています。
20090504_2.jpg
20090504_3.jpg
さて、苦労してすべてのスポットを剥がしてようやくスッキリ・・・
20090504_4.jpg
しかし、やっぱりフランジ部分の内側はかなり錆が進行してます。ここは組み付け時には純正以上のクオリティで防錆する方法を思案中。
20090504_5.jpg

Related posts:

  1. mini修理日記 Vol.1
  2. mini修理日記 Vol.2
  3. mini修理日記 Vol.6
  4. mini修理日記 Vol.8
  5. mini修理日記 Vol.10