引き続きイギリスドライブ旅行雑記です。
日本、特に東京は駐車事情が悪いことで世界的にも有名ですが、ロンドンはさらにその上を行きます(涙)
イギリス路上駐車
まず、無料で駐車できる、あるいはちょっと止まっていられるような場所は日中は皆無だと思ってくださって結構です。車が止まれるような路上のスペースはすべてパーキングメーターになっているか、あるいは住民用の駐車スペースになっており、自由に停まることはできません。もしそこがパーキングメーターならば、ほどなくして駐車料金の支払いをしている係の人(お巡りさんに見える)がやってきて、もし料金を払っていなければ駐車違反の切符を切られることでしょう(たぶん)
パーキングメーター
パーキングメーターは日本とほとんど同じ仕組みで、路肩にスペース毎に立っているメーターにお金を入れるか、あるいは「Pay and Display」と標識に書いてある場合は、少し離れたところにパーキングチケットの自動販売機があるのでそこでお金を払ってチケットを買い、文字通りダッシュボード上に「Display」することになります。
パーキングチケット
驚くのが駐車料金。日本も高いですが、ロンドン市内はその上を行きます・・
このメーターは、1時間3ポンド。つまり600円ほど。
パーキングメーター
ちなみにこういった路上の駐車スペース以外に、公共駐車場のようなものもあります。これがまた高い・・しかも場所によって微妙に仕組みが違って分かりにくいです。
ここは私が見事にハマってしまったパーキング。立体駐車場なのだと思って侵入すると、降りる前にドアがガラガラ〜・・・と閉まって閉じ込められてしまいました・・・(恐)
立体駐車場だと思ったら・・エレベーターでした。
しばらくすると地下1Fに到着。そこにはふつうの地下駐車場が広がっていました。あ〜ビックリした・・・。ちなみに、ちっと停めて3,000円分ぐらい取られました。すんごい高い・・orz
とにかく旅行者の私が困ったのが、「そんなに小銭ねーよ!!」ということ。渡航したてで紙幣しか持っていないと、メーターには入れられません。チケットタイプならまだ受け入れる小銭の範囲が広いのでなんとかなる可能性も高いですが、それでも何千円分も小銭なんてふつう持ち歩かないですよね・・これには本当に辟易しました。
結論から言うと、駐車スペースに相当の出費を強いられるロンドン市内を車でウロつくのは、よっぽど理由がある時以外はあまり得策ではないようです。ただし、夜間は無料駐車できる、という場所もあったりしますので、まあうまく工夫ができれば・・・(旅行者には無理ですね)
 
<さらに・・>
ホテルの駐車場、レストランの駐車場などはもっと高いです・・私の泊まった市内のホテルの駐車場は、1泊35ポンド、約7,000円でした。
そして驚くべきことに、サービスエリアなども有料のケースがあります。2時間まで無料、それ以上停める場合はお金払ってね、とか標識に書いてあります(実際に払ってる人がいるかどうかは確認できませんでした)
ちなみによく映画で見る、イタリアなどでバンパーでぐいぐい押して縦列駐車する習慣、これはどうもイギリスには無いようです。
・・・・実はやってみたくて楽しみにしてたのに・・・(爆)

Related posts:

  1. ロンドン交通無限地獄  イギリスドライブ旅行日記 その2
  2. ロンドンタクシーいろいろ  イギリスドライブ旅行日記 その3
  3. ロンドン路上観察  イギリスドライブ旅行日記 その4
  4. そりゃないぜマイケル  イギリスドライブ旅行日記 その6
  5. 女王陛下からのラブレター・・  イギリスドライブ旅行日記 その8