実話 キャノンボール
公道でルール無用の非合法レース・・恐らくは私を含めてほとんどの方が、映画「キャノンボール」でその存在を知ったことかと思います。アメリカ大陸横断の時間を競うこの公道レース、実は映画が流行りすぎてFBIの監視が厳しくなるまでは、実際にアメリカで密かに行われていた・・というのが定説だったのですが、噂は聞けども実際のそのレースを経験したり、見たことのある方は恐らく日本には誰も、いえアメリカにもほとんどいなかったかと思います。
このドキュメンタリー「32 HOURS 7 MINUTES」は、1983年にアンダーグラウンドで行われた「最後のキャノンボール」のドキュメンタリー映画です!フェラーリ308、ポルシェ928といった何とも時代を感じるマシンたちが、レーダージャマーとナンバーシールドで武装して32時間でアメリカ大陸をぶっちぎる・・いままで20年以上に渡って地下に封印されてきた禁断の映像が、当時のドライバーのインタビューを交えてついに初めて日の目を見ることに・・・。
・・という触れ込みなのですが、このフィルム、映画館で公開されるのかDVDで発売されるのか、はたまたテレビで放映される予定なのかいまいち動向がつかめません(笑)とりあえず私はトレイラーを見ながら、この公式Webサイトの更新をひたすら待つことにします・・また動きがあったら続報をお知らせします。

くそーロマン感じるな〜はやく見てぇ〜〜〜。
・・ストレス溜まってるのかな自分(爆)
32 HOURS 7 MINUTES 公式ホームページへ

No related posts.